月曜から夜ふかし 携帯電話の音は本人の声ではない?コードブックって何?

月曜日のマツコ

月曜から夜ふかし 携帯電話の音は本人の声ではない?”初老”は何歳から?企業CMの効果音って?

月曜から夜ふかし タイトル 「月曜から夜ふかし」マツコと村上信五が、


世間で話題となっている様々な件に対して


首を突っ込んだり 突っ込まなかったりする番組。


今回は、視聴者の依頼に答えて、


・間違って信じているモノが色々ある件

・様々な音について調査した件


について、お送りします。

間違って信じているモノが色々ある件


世の中の人が「正しい」と思っていることや言葉の違いを紹介です。
魚の骨

携帯電話から聞こえる音は、本人の声ではない


携帯電話

携帯電話から聞こえる音は、本人の声ではないという、


なんだか都市伝説のような、本当の話。


電話の声は”コードブック”と呼ばれる音の辞書から、本人の声に近い合成音がつくられ再生されています。


理由は、会話の都度、本当の声を再生すると、データ量が膨大になるため、ネットワークがパンクしてしまうためです。


現在のコードブックは、2500種類の声の中から似ている声が選ばれており、


数千種類の音が登録されているそうです。


この技術は、CELP(Code Excited Linear Prediction)と呼ばれ、


直訳すると、符号励振線形予測。まぁ、さっぱり分かりません。笑。


1985年にアメリカの通信会社AT&T、日本でいうNTTが開発したそうです。


ケータイ、スマホと人の声を間違える理由はCELP、コードブックにあるので、


明日使えるネタとしては、スマホの声は合成音だ!で十分ですね。


ケータイ、スマホの音は本人の声ではない?CELP(セルプ)、コードブックって何?


魚の骨がノドに刺さったときは?


魚の骨がのどに刺さって取れないことがありますよね。


いろいろな迷信がありますが、こちらについて調べて見ました。


まずは、迷信?や伝承では、

1、吸い物のお椀の上に箸を十字に置く。
2、十字の間から汁物を飲み干す。


という方法がありました。


なんかしゃっくりの止め方にも似たような気がしますが、


のどを動かすとか、そういう意味がありそうですね。


ご飯の丸呑みは有効なの? 



こちらは、骨の刺さった部分によるらしく、


のどの入り口なら取れることもあるそうですが、


食堂近くだと、ご飯に引きずられ、刺さった骨が粘膜を傷つける恐れがあるのだとか。


では、どうしたらいいのか?という疑問にお医者さんが答えていました。


つらいときには、緊急外来に



とのことです。確かに、間違いないですね。


取れないときは、しばらくそのままにしておくと、自然に抜けることが良くあるので、


自然観察がオススメなようです。


“初老”は40歳を意味する?


初老

こちらについては、NHKの放送文化研究所が設定していました。


かつては、40歳ぐらいの人のことを指していました。ただし寿命が長くなった現代では、「初老」が当てはまるのは60歳ぐらいからと考える人が多くなっています。



なるほど、と思いますね。


言葉も時代時代にあわせて意味が変わっていくのを実感しました。


平均寿命が60歳くらいの時には、40歳は年寄りに見えますが、


80歳でも元気なお年寄りが当たり前になりつつ現代では、老い始めるのは60歳「還暦」というのはなっとくです。



様々な音について調査した件

音符

生活していると聞こえてくる様々な音や音楽の中にある、


意外な事実や変わったモノを調査します。

様々な企業CMの効果音が商標登録申請に乗り出している



日本の商標登録には、音や色の登録はできなかったそうですが、


デジタル映画や音声が進む海外(アメリカ、イギリス、ヨーロッパ)では、


商標されているので、追いつくためにも、


「新しいタイプの商標の保護等のための商標制度の在り方について」


という、2013年の報告書を踏まえ、改正商標法が成立されたそうです。


そのため、元々あったCMの効果音が登録されはじめているそうです。


身の回りにある様々な音のカラクリ


花火の打ち上げのときの「ヒュ~」という音。


実は、花火玉につけられた笛の音だそうです。


この音、曲導(きょくどう)といいます。


空気を切り裂く音かと思ったのですが違うんですね。


花火ひとつにとっても様々な音の工夫があるのに驚きです!


再生速度を変えると声色が変わる


再生速度を変えると、音の周波数が変わるので、


高くなったり、低くなったり。


実は、声の大きさって身長とも関係があります。


背の低い人は、声が高く、背の高い人は、声が低いですね。


周波数の変化といえば、


近づく救急車と遠くに行く救急車の”ピーポー”という音が


高くなったり、低くなったり変わるのは、ドップラー効果とですね。

スポンサードリンク