三宅宏実のプロフィール。父や身長、彼氏は?結婚しているの?

出典:ミズノ

三宅宏美(みやけ ひろみ)さんは、女子48kg級および53kg級の日本記録保持者。

父は、1968年メキシコシティオリンピックのウェイトリフティングフェザー級で銅メダルを獲得した三宅義行です。。

そして、2012年にはロンドンオリンピック女子ウエイトリフティング48kg級で銀メダルを獲得し、日本のオリンピック史上初となる所持重量挙げ初メダル、そして父娘でメダルを獲得!

2015年、ヒューストンで開かれた世界選手権大会で銅メダルを獲得。

2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場が内定し、4大会連続でオリンピック出場することが決まっています。

しかも、女子48kg級(トータル197kg)。女子53kg級(トータル207kg)の2つの日本記録を有しているものすごいアスリートです!

三宅宏美のプロフィール?大学や身長は?


出典:SHIMADU

出典:SHIMADU


生年月日:1985年11月18日(30歳)
出身地:埼玉県出身
大学:法政大学キャリアデザイン学部
身長:147cm
※資料によっては、146cmのもあります。縮んだのか?成長したのか?
体重:48kg
所属クラブ:いちごグループホールディングス

見た感じのとおり、ちっちゃいイメージですね。

三宅宏美のオリンピックの成績は?


出典:サンスポ

出典:サンスポ


2004年:アテネオリンピック48kg級 9位

2008年:北京オリンピック48kg級6位

2012年:ロンドンオリンピック48kg級2位 

だんだんと記録が上がっているのがわかりますね!

そして、前回のオリンピックで銀メダルなので、来年のオリンピックがより楽しみです!

ちなみに持ち上げた重量は、スナッチ87kg、クリーン&ジャーク110kg、トータル197kg

48kgの女性とはとてもじゃないと思えない。。。

※スナッチとは・・・・・・・・・・・・・地面においたバーベルを、一気に頭上まであげる種目
 クリーン&ジャークとは・・・地面に置いたバーベルをクリーン(第1動作)で肩まで引き上げて立ち上がり、ジャーク(第2動作)で全身の反動を使って一気に頭上まであげる種目

三宅宏美の父親や家族は?


出典:共同通信

出典:共同通信


親子でメダリストとお話ししましたが、三宅宏美さんのお父さん、三宅義行さんは、メキシコシティオリンピック重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得!

ツーショット写真を見ると親子だとひと目でわかるほど似てる!

さらには、伯父の三宅義信さんは、ローマオリンピックで銀、東京、メキシコオリンピックで金メダルを獲得という、オリンピック一家です。

ここまで記録が揃っていると、来年のオリンピックだけでなく、次の世代も期待しちゃいますね。

三宅宏美の彼氏は?結婚しているの?


出典:2010スポーツ祭り

出典:2010スポーツ祭り


次の世代にかかっているのが、三宅宏美さんは結婚しているの?、という疑問。

まだ、結婚はされていないみたいですね。

では、熱愛中の彼氏はいるのか?、といろいろ調べて見たのですが、見つかりませんでした。。。

オリンピックを控えている時期も時期ということもあるので、まぁ、表沙汰にはならないですが、30歳というお年柄、来年のオリンピック後に引退発表や結婚の報告もあるかもしれないですね^^

三宅宏美の筋肉、トレーニング


出典:フジテレビ

出典:フジテレビ


以前、テレビ番組で特集された三宅宏美さんのトレーニング方法なのですが、

腹筋:5kgの重りを後頭部に持ち、角度をつけた台の上での、30回×3セット!

背筋:上半身で台にしがみついて脚を持ち上げる方法で、30回×3セット!

リフティング:45kgのバーベルから徐々に重量を持ち上げて、140kgまで挑戦!
140kgは上部まであげるものではなく、少しでも持ち上げることを目標にしているそうです。

と、肉体的な説明をしましたが、三宅宏美さんはメンタルの重要性も語っています。

わずか数秒のために、私たちは全力を尽くしてトレーニングをします。単にパワーがあればいいというわけではありません。動かないものを動かすためには、ときに力を抜いたりするテクニックも必要になってきます。「できない」と思うと失敗してしまうので、メンタル的な要素も欠かせません。見た目の豪快さとは裏腹に、ウエイトリフティングは非常に繊細なスポーツなんです。

引用:http://www.shimadzu.co.jp/boomerang/28/1_4p.html

メダリストの方の話だと説得力がありますね。

力任せに持ち上げるとといった感じではなく、試合に臨む心がまえが大事そうです。

三宅宏美のTwitter。応援サイト


三宅宏美さん自身ではTwitterをしていないようですが、所属企業の応援サイトがありました。

こちらのTwitterでこれからの大会活動や、結果がわかりますね。

特に来年に向けての動きが活発になりそうです。

スポンサードリンク