新潟県松之山のむこ投げ,すみ塗り祭り | 観光名所の美人林と鷹ノ湯温泉についても。

顔が真っ黒の男がたくさん並んだ奇妙な絵面!笑。

このお祭りが開催される場所は、新潟県の十日町市松之山。

ここに伝わる墨塗り(すみぬり)というお祭りだそうで、同時開催されているのが、婿投げ(むこなげ)という、これまたよく分からないイベント。笑。

ここでは、このお祭りだけではもったいない松之山の観光もあわせて調べて見ました!

婿投げ(むこなげ)・墨塗り(すみぬり)の奇祭について

出典:http://www.matsunoyama.com/

出典:http://www.matsunoyama.com/


「墨塗り(すみぬり)」は、塞の神(さいのかみ)と呼ばれるしめ縄や正月飾りを集めて塔をつくり燃やして、無病息災と家業繁栄を願うお祭り。

とんど焼きも有名ですね。

すみ塗りのひと味違うところは、燃やした灰と雪を混ぜて墨をつくって「おめでとう」といいながらお互いの顔を墨で塗り合いながら願うイベント。

でも、このイベントちょっと町民に嫌われているらしく松之山町の松之山温泉だけで行われているとのこと。笑。

そして、もうひとつは、「婿投げ」(むこ投げ)。

婿を村はずれの観音堂まで背負って行き、お神酒をいただいてから婿を胴上げし、4~5メートルある崖下の雪の中へ投げ落とす行事。

雪があるので安全だそうですが、雪が少ない年はかき集めるのに大変だとか。

この行事の由来なのですが、お嫁さんを追い出すことを禁じた行事という説と、よそ者に村娘をとられたという若者の腹いせとも。笑。

まったく方向性が違う!

そして、むこ投げは元々小正月行事で観音様の祭りにあたる一月十七日に行っていたなど、元々は別々のイベントでしたが、いまではまとめて行うようになったそうです。

どちらかといえば、両イベントとも町おこしの意味合いもあるそう。

そして、”奇祭”とは、ちょっと響きが悪い気もしますが、自分たちでそう言ってます。笑。

奇祭 むこ投げ,すみ塗り祭り
出典:まつのやま

観光名所の美人林(びじんばやし)

すみ塗り、むこ投げと変わって、きれいな名前の”美人林(びじんばやし)”。

樹齢約90年ほどのブナの木が生い茂っており、その美しさから「美人林」と呼ばれるようになったとのこと。

新緑の季節はこんな感じ。

松之山 美人林 びじんばやし 新緑
紅葉の季節。

松之山 美人林 びじんばやし  紅葉

美人林の場所とアクセス

出典:http://www.matsunoyama.com

出典:http://www.matsunoyama.com


住所:十日町市松之山松口1712-2付近

近くにある市立の科学館「森の学校」を目指すのが良さそうです。

参考:十日市立 森の学校

■電車
・上越新幹線 東京→越後湯沢(80分)
 新潟→越後湯沢(40分)
・ほくほく線 越後湯沢→六日町→まつだい(40分)

■バス
まつだい駅→堺松で下車(15分)
まつだい駅→松之山分校前(17分)
※冬季間は松之山分校前で下車

■タクシー
東部タクシー TEL025-596-2244 (15分)

■車
・関越自動車道 【東京方面から】塩沢・石打I.C→R353
【新潟方面から】越後川口I.C.→R117→R253→R353
・北陸自動車道 【北陸方面から】上越I.C→R253→R353

松之山温泉 日帰り入浴施設鷹ノ湯

松之山温泉街
他にも魅力の観光地はありそうですが、やはり松之山温泉!

歴史は古く約700年前の南北朝時代に鷹が温泉で傷を癒していたところが始まりだからとか。

その伝説にちなんで、日帰り温泉の入浴施設が「鷹ノ湯」と名乗っています。

また、上杉謙信の隠し湯とも言われているらしく、江戸時代の諸国温泉功能鑑にも記されているそうです。

そして、この温泉と「群馬県の草津温泉」、「兵庫県の有馬温泉」の3つをあわせて「日本三大薬湯」と呼ばれています。

なんだか”薬湯”と聞くだけでもからだに良さそうですね。

内湯も露天も気持ちよさそう。

出典:http://www.tokamachishikankou.jp/

出典:http://www.tokamachishikankou.jp/


出典:http://www.tokamachishikankou.jp/

出典:http://www.tokamachishikankou.jp/


■営業時間※季節によって変わります。
午前10時~午後10時(4月~11月)
午前10時~午後9時(12月~3月)

■入館料
大人:500円
子供:200円(12歳未満)

■休館日:
第2・第4木曜日
※休館日が祝日の場合は次の日がお休みとなります。

■泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉

■効能
きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・冷え性など

日帰り温泉鷹ノ湯の住所とアクセス



電話番号:025-596-2221
住所:新潟県十日町市松之山湯本18-1

すみ塗り、むこ投げの奇祭だけでなく、湯治にも最適です!