マツコの知らない世界 山本晋(刈部山本)の『板橋チャーハンの世界』と浅見通彦の『顔ハメ看板の世界』

マツコの知らない世界 山本晋(刈部山本)の『板橋チャーハンの世界』と浅見通彦の『顔ハメ看板の世界』


マニアックな人気を誇るブログ「デウスエクスマキナな食卓」の刈部山本さんが、本名の山本晋で登場。

「マツコの知らない板橋チャーハン」と題して、板橋のチャーハンを紹介します!(そのまんま)

もうひとつの知らない世界は、浅見通彦の『顔ハメ看板の世界』!

旅行先で必ずといって目にする「顔ハメ看板」を、

浅見通彦さんは全国を旅して顔ハメの旅に出ているとのこと。

どちらもマニアックな世界です!

山本晋(刈部山本)の『板橋チャーハンの世界』


刈部山本_板橋チャーハン
中華料理の代表作といえばチャーハン!

中華料理店に行けば必ずありますね。

ひとくちにチャーハンといっても、黄金チャーハンやレタスチャーハン、

パイナップルが入っていたり、あんかけもあったり、パラパラ、しっとり、

お店ごとの特徴があります。

その中でも板橋区は、チャーハンの激戦区。

JR埼京線や、都営三田線、東京メトロの有楽町線、副都心線、東武鉄道とが一同に混じり合うことと、下町の雰囲気があいまって、激戦区に!

この激戦区の中から、板橋のチャーハンを知り尽くした刈部山本さんこと、山本晋さんが紹介します。

山本晋さんは、東京近郊のB級グルメをブログや書籍で紹介している人気ライター。

そのオススメの中華店の店主が大集合して、こだわりの「しっとりチャーハン」をスタジオで披露します!

オイスターソースで仕上げるシャキシャキの玉ねぎの甘味と薄味を混ぜ合わせたチャーハンに、

レタスをたっぷり入れ込んだシャキシャキのレタスチャーハン!

そして、進化した冷凍チャーハンまでを紹介します!

浅見通彦の『顔ハメ看板の世界』

浅見通彦の顔出し看板
穴の向こうに、その地方の文化が見える!」と豪語する浅見通彦さんが、

全国の顔ハメ看板で写真をとった枚数はなんと1,702枚!

観光地に必ずといっていいほどある「顔ハメ看板」は一説によると1万枚以上あるとか。

観光地だけでなく、東京駅や成田空港などの施設にもありますし、

歴史博物館や美術館などにもあったりしますね。

その中でも選りすぐりの、地域や歴史、偉人がひとめでわかり、

登場人物になりきることができる顔ハメ看板を紹介します!

そして、顔ハメ看板の世界を、マツコも自らが体験!