夜の巷を徘徊する | 品川駅の漢方ミュージアム

スポンサードリンク

2017年の11月にマツコが入院したのは、記憶にあたらしいところ。

実際、マツコも最期を覚悟したとか。入院の原因が肥満などの生活習慣病などではなく、三半規管に菌が入ったためとのこと。

原因を聞くと誰でもなりそうで怖いですね。特に入院期間が長かったので、症状だけでなく治るのも大変そうな感じがします。

そんなこともあって、今回の夜の巷を徘徊するでは、番組の力を借りつつ、長寿番組を目指すためにもマツコの健康ありきなので、品川駅近くのニホンドウミュージアムを徘徊することに。

品川駅近くのニホンドウ漢方ミュージアムについてはこちら

こちらのニホンドウ漢方ミュージアムは、漢方相談をサービスの一部として提供しているそうです。

別に、芸能人だから特別扱いされているわけではないんですね。笑。

興味のある人は、特別イベントも定期的に開催しているそうなので、マツコのような病気だけでなく、肌荒れやダイエットといった日常の体質改善から相談にのっていただけるとのことです。

しかも、漢方というと、本当に効果があるの?といったイメージをお持ちの方も多いと思いますが、血圧や体重などは測定できますよね。

そのような科学的な機器での裏付けを行っていただけるようです。確かに、数字で証明されたら漢方の効果を実感します。

マツコも、薬剤師さんの案内で、漢方の勉強をしつつ、漢方ミュージアムに設置された機械でチェックを受けました。

測定器はこちら。

むっ、漢方ミュージアムの名とは合わない最新機器のよう。こちらで、体脂肪やストレス度、骨のチェックまでできるようです。

本当に漢方の効果を科学的に測定しているんですね。体重計どころではなかった。笑。

スポンサードリンク



続けて、漢方ミュージアムに併設された薬膳レストランに。

こちらでは、やはり漢方イベントでもワンコインランチを楽しんだりできるそう。なので、薬膳酒を飲みまがら健康的なお鍋でお腹いっぱい。

医食同源。食べたもので人間の身体ができているのを実感します。

しかし、元気そうに見えるマツコも「もしも、このまま病気が治らなかったら・・」と、入院中の不安な思いを吐露。

やはり、何はともあれ健康第一ですね。そのためにも運動食事はかかせませんね。

品川駅近くのニホンドウ漢方ミュージアムについてはこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする