サウナのロウリュとは。

スポンサードリンク

サウナで聞くロウリュってなに?

画像:札幌ニコーリフレ

サウナや温泉などに行くと必ず耳にするといっても言い過ぎでないのが、「ロウリュ」

もともとは、フィンランドに伝わるサウナの楽しみ方のひとつだそうで、フィンランドの言葉で「蒸気」を意味するそうです。

熱した石に水をかけて水蒸気を発生させることで、ムワぁとした熱気をだすそうです。まさに、「蒸気」を意味する「ロウリュ」。

この結果、寒い冬に風が冷たいものの逆!体感温度を上げて汗をたくさんかきます。デトックスです。

そして、この石に掛ける水にアロマオイルをかけたりすることでいろいろな効果があるそうです。

響きだけでも健康によさそう。笑。

しかし、このロウリュ、既に日本風にアレンジされています!

本場では、サウナを利用している人が、水をかけて蒸気をだすのですが、至れり尽くせりに日本サービスはひと味違います。笑。

ロウリュの専門職人が、タオルやウチワでばっさばさ。

サウナに入る人は座ったままで、その熱気を味わうことができます。

最近では、ロウリュ職人と呼ばれる人を温泉で確保するほど広まった「ロウリュ」。

サウナの本場フィンランドではなく、日本独自のサービスになっているのが面白いですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする